シビックタイプR マイナーチェンジ2020情報|日本国内生産で新デザインへ

シビックタイプRのマイナーチェンジ最新情報 ホンダ

ホンダのシビックタイプRのマイナーチェンジの時期が近づいています。

新型シビックタイプRは、デザイン変更や日本国内生産へと切り替わる等、注目所が盛りだくさん!

そんな新型シビックタイプRの情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

シビックタイプR マイナーチェンジ2020情報一覧

新型シビックタイプR 外装の一部変更

2019年5月に、新型シビックタイプRのテストカーと思われる開発者車両がドイツのニュルブルクリンクで走行している様子を海外メディア等にて取り上げられ話題となりました。

参考にCarscoopさんのTwitterがこちら。

新型シビックタイプR 2020年東京オートサロンにて初公開

東京オートサロン2020にて新型シビックタイプRが初公開されました。

これらの情報から伺えるエクステリア変更の特徴は以下の通りです。

新型シビックタイプR バンパーデザイン変更

フロント・リア左右バンパーのフォグランプ上部分に角のようなパーツが装備されていることが伺えます。

これは、マイナーチェンジしたシビックハッチバックも同様のデザインが採用されていたため、新型シビックタイプRもハッチバックと同テイストの外装になったといえます。

フロントグリル中央部分にメッシュ採用

改良前は横一直線となっていたフロントグリルのバーが、改良後はエンブレム周辺部分が空白となり、内部にメッシュ状のデザインが伺えます。

フロントグリル上のスリットなしへ

改良前は、フロントグリル上にスリットがありましたが、改良後はスリットがなくなってフラットなデザインになっています。

新型シビックタイプR カーボンファイバーのルーフ採用か

テストカーの特徴的な部分として、ボンネット上のエアインテーク部分とルーフ、そしてボルテックスジェネレーターの部分

ここにもカモフラージュがかかっていることから、カーボンファイバー調のフードベントスクープ等が採用されていることが予想できます。

シビックタイプR 日本のマイナーチェンジは2020年夏

日本のシビックタイプRの公式サイトでは、2019年に販売終了が予告されているだけに注目となるのが日本でのマイナーチェンジの時期

新型モデルは、これまでの英国生産から日本と米国での生産に切り替わる可能性が取りざたされていましたが、引き続きイギリス工場「Honda of The U.K. Manufacturing Ltd.」で生産される見通し。

そして新型シビックタイプRの日本でのマイナーチェンジの時期は2020年の夏の予定となっています。

新型シビックタイプR先行サイト

Honda シビック TYPE R 公式情報ページ
こちらはHonda シビック TYPE Rの公式情報ページです。シビック TYPE Rのさまざまな魅力をチェックいただけます。セルフ見積り、販売会社検索、試乗車検索、商談申し込みなど購入検討に便利なツールもご用意しております。

シビックタイプRの新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

ホンダのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
ハッチバック/ワゴン シビックハッチバック
セダン グレイス

シビックセダン

アコード

レジェンド

SUV ヴェゼル

CR-V

コンパクト フィット
軽自動車 N-BOX
スポーツ シビックタイプR

コメント

タイトルとURLをコピーしました