トヨタ

カムリ マイナーチェンジ情報|2020年LTA&特別仕様車、次期型へのフルモデルチェンジ予想もあり

トヨタ

カムリハイブリッドのマイナーチェンジに注目が集まっています。

2019年に4WDモデルが追加されたものの、LTA等の機能を備えた第2世代トヨタセーフティセンス搭載はいつなのかといった期待を寄せていたユーザーも多いです。

そんなカムリの2020年のマイナーチェンジ(一部改良)情報と次期モデルに関して予想を含めた情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

カムリ 2020年8月のマイナーチェンジでLTA搭載の見通し

カムリは2020年8月上旬(8月5日が有力)に一部改良を実施する見通しです。

カムリの2020年の改良では、先進安全装備に第2世代トヨタセーフティセンスが搭載となる見通しです。

注目は、高速道路上での同一車線をはみ出さずに中央維持しながら設定速度で走るという運転支援してくれるシステムのレーントレーシングアシスト(LTA)も含まれるのかどうか。

2020年7月が改良を行ったプリウスには、LTA機能込みの第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されたため、同じくカムリにもLTA機能が搭載される可能性は高いと思われる状況。

プラスサポート(急アクセル時加速抑制)も採用か

また、2020年型プリウスからトヨタ初採用された「プラスサポート(急アクセル時加速抑制)」もカムリに採用される可能性が高い。

2020年型カムリにその他安全装備の標準装備化

2020年の改良では、他にリアクロストラフィックオートブレーキや、BSM(ブラインドスポットモニター)といった装備が標準装備される見通し。

スポンサーリンク

カムリWSの特別仕様車発売へ|ナイトシェードエディションをベースか

2020年の改良と共に、カムリスポーツことWSグレードの特別仕様車が発売されることになります。

カムリWSの特別仕様車は、北米カムリに設定されたナイトシェードエディション(NightshadeEdition)と似た内容となる見通しです。

シートには赤のレザーシート、フロント&リアランプやアルミホイール等が専用装備となり、よりスポーティなスタイルを印象付けることになりそうです。

画像は通常のWSグレード

スポンサーリンク

次期カムリ フルモデルチェンジ情報&予想

カムリ フルモデルチェンジの時期は2023年か?

海外メディアのMotor1では次期カムリに関する興味深い記事が公開されています。

その記事によると、カムリは2020年秋発売の”2021年モデル”で更新があり、”2024年モデル”では次世代へ切り替わるというものです。

北米ではイヤーモデルはそのイヤーのネームより前年に発売されるケースが多いため、2024年モデルというのは2023年発売と思われます。

つまり、Motor1の記事通りであればカムリは2023年にフルモデルチェンジする可能性があるということになります。

次期カムリに期待する変更点&機能

今後のカムリの改良で予想する変更点は以下の通り。

  • シートメモリー
  • シートベンチレーション
  • 録画可能なデジタルインナーミラー
  • PHV

RAV4にPHVモデルが追加されたことを考えるとカムリPHVが発売されても不思議ではありません。

また、新型レクサスLSには高度運転支援技術「LexusTeammate」が搭載されましたが、次期カムリにもその技術の一部が活かされることを期待したい所。

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました