カムリ マイナーチェンジ2019は4WD追加!LTAは2020年以降へ。予想変更点もあり

カムリのマイナーチェンジ最新情報 トヨタ

カムリハイブリッドが2019年9月30日にマイナーチェンジ(一部改良)。

これまで、カムリに4WDモデル追加はないのか、LTAの搭載はいつなのかといった期待を寄せていたユーザーも多いです。

そんなカムリの最新情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型カムリ マイナーチェンジ2019の変更点

新型カムリ 外観にシャークフィンアンテナ搭載

改良された2019年型のカムリには、シャークフィンアンテナが採用されることになりました。

新型カムリに4WDのe-Four

待望となる4輪駆動システム(4WD)のe-Fourが搭載したグレードが設定されました。

新型カムリ ディスプレイオーディオ搭載でコネクティッド化

カムリも2019年型からコネクティッド機能が搭載となります。

まずは、AppleCarPlay/Android autoに対応したディスプレイオーディオを標準装備。

それに伴い、スマホと連携が可能となり、ナビアプリや音楽アプリなどと連携できるようになります。

従来通りのナビシステムとテレビチューナー機能に関しては、オプション設定となります。

また、ナビサイズは8インチ。

CD・DVDデッキは販売店装着オプションとなります。

2019年9月30日にカムリ改良発表

一部改良された2019年型のカムリは2019年9月30日に発表されました。

「4WDグレード追加」と「コネクティッド機能標準装備」、この2つが2019年の改良の目玉となります。

次に、大幅改良されると思われる2020年のマイナーチェンジに関する予想を見ていきましょう。

カムリにLTA搭載は2020年のマイナーチェンジと予想

残念ながら、2019年の改良ではLTAを含む第2世代トヨタセーフティセンス搭載は見送りとなりました。

高速道路上での同一車線をはみ出さずに中央維持しながら設定速度で走るという運転支援してくれるシステムだけに搭載を期待する声は少なくありません。

カムリは、発売から3年となる2020年にはビッグマイナーチェンジすると予想できるので、そのタイミングにてLTAが採用されると推測します。

カムリ 2020年のマイナーチェンジ内容を予想

最後に2020年のマイナーチェンジの変更点を予想します。

外観変更でシーケンシャルターンランプ

外観変更に伴い、シーケンシャルターンランプが採用されると予想

流れるランプと呼ばれるシーケンシャルターンランプは、C-HRやハリアー、アルファード、新型クラウンに採用されており、カムリにも搭載される可能性はあります。

マークX後継としてターボグレード

マークXが廃止となったことでその後継的ポジションを担うカムリ。

ターボグレードを追加することで、マークXの顧客層の乗り換えをより進められると思われます。

そこで、マイナーチェンジのタイミングでターボ搭載と予想します。

シートベンチレーションやステアリングヒーター

シートメモリーやシートベンチレーションといった快適装備が追加されると予想

特にステアリングヒーターは、新型カローラに搭載されているだけに、マイナーチェンジでカムリにも採用される可能性は十分ありそうですね。

カムリ 2020年のビッグマイナーチェンジの時期を予想

2019年9月30日に一部改良されたことを考えると、ビッグマイナーチェンジはその約一年後と予想できます。

つまり2020年9月頃にカムリのビッグマイナーチェンジがあると予想します。

トヨタのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
セダン プレミオ

プリウス

カムリ

クラウン

SUV ライズ

C-HR

RAV4

ハリアー

ランドクルーザー

TJクルーザー

ミニバン シエンタ

ヴォクシー

ハイエース

アルファード

グランエース

コンパクト アクア

ヴィッツ

クロスオーバーワゴン カローラトレック

コメント

タイトルとURLをコピーしました