スバル

次期XVへフルモデルチェンジは2022年!クロストレックへの改名と1.5Lターボ搭載か

スバル

スバルの次期XVのフルモデルチェンジに関する最新の情報をお届けする。

スバルの大人気SUVのXVはまもなく次期モデルが登場する為、大きく注目を集めている状況だ。

スポンサーリンク

次期XVのフルモデルチェンジ情報!2022年9月最新情報

次期XVは2022年9月15日発表

スバルは2022年9月15日の14:00に新型SUVをワールドプレミアする。

この新型SUVこそ次期XVとなる見通しだ。

次期XV インプ派生ではなくインプより先行発売へ

元々、XVはインプレッサXVとしてインプレッサ派生のSUVモデルとしてラインナップされてきた。

現行型もインプ派生モデルとしてインプレッサよりも後に発売されている。

しかしながら、次のモデルからインプ派生ではなく、次期インプレッサよりも先行して発売される見通しだ。

次期XVのデザインについて

すでに次期XVと見られるテストカーが海外で目撃されているが、エクステリアについては現行型からキープコンセプトとなる見通しだ。

また、インテリアについては新型レヴォーグに搭載された縦型のナビディスプレイに似た形状のディスプレイが採用されると見られる。

次期XV 1.5Lターボを初搭載の可能性

次期XVのパワートレインには、スバル初となる1.5Lのターボエンジン搭載となる可能性がある。

また、現行型に採用されている1モーター式ハイブリッドのe-BOXERモデルもラインナップされると見られる。

北米仕様ではPHEV(PHV)モデルが現行型にラインナップされているが、次期モデルでも継続採用となるのかは不透明な状況だ。

次期XV フルインナーフレーム採用の改良版SGP採用へ

次期XVのプラットフォームには、フルインナーフレーム構造を活用した改良版SGPの採用が有力。

構造用接着剤などの活用によって高い剛性と軽量化が図られる見通しだ。

次期XVはアイサイトXや3眼アイサイト採用の可能性

次期アイサイトには、トリプルカメラとなる最新版のアイサイトの採用が有力だ。

これまでのステレオカメラに「ワイドアングルモノカメラ」を追加した最新版のアイサイトは米国仕様のアウトバック2023年モデルやアセント2023年モデルに搭載されているが、次期XVにもこの最新版の3眼アイサイトが搭載される見通しである。

さらに次期XVにはレヴォーグやアウトバック等に搭載されているアイサイトX採用の可能性も考えられる。

スポンサーリンク

次期XVは日本でクロストレックへ改名の可能性も

XVは北米ではクロストレックの名称で発売されているが、フルモデルチェンジ後は日本市場でもクロストレックの名称に統一される可能性がある。

次期XVはインプレッサとの差別化が大きくなる模様であり、イメージ刷新としてクロストレックへ名称変更されることも考えられる。

スポンサーリンク

次期XV フルモデルチェンジ&日本発売は2022年末~2023年前半が有力

次期XV(クロストレック)のワールドプレミアは9月15日に行われる見通しであり、日本発売は2022年末~2023年初前半が有力だ。

XVの新しい情報が入れば、この記事内にて更新させていただく。

※2022年9月12日情報更新



コメント

タイトルとURLをコピーしました