インプレッサ マイナーチェンジ情報!D型とE型2020年以降の予想変更点について

スバル

スバル インプレッサスポーツとインプレッサG4が2019年にD型へマイナーチェンジ(年次改良)を実施。

D型インプレッサでは、ツーリングアシスト搭載やデザイン改良等、多くのユーザーから期待された変更点を含んだ魅力的な内容となりました。

ただ、e-BOXER搭載やSTI Sport等、まだまだ期待できる内容も残されています。

そこで、2019年に改良したインプレッサD型の変更点の注目ポイントと、2020年のE型以降で期待できる予想内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型インプレッサ マイナーチェンジ2019の変更点!D型の内容

外観デザインをリニューアル

2019年型のインプレッサは、これまでのイメージを刷新すべく外観デザインの大幅変更が行われました。

変更後のデザインがこちらになります。

エクステリアの変更点の注目ポイントは次の通りです。

フロントグリルがフレームレス

これまでメッキ加飾されていたフロントグリルが、メッキのないフレームレス仕様に。

これは北米で発売された新型レガシィセダンに準ずる変更と思われます。

フロントバンパーがVWゴルフ風

フロントバンパーが横一直線につながるデザインへ変更されました。

これによって前期型よりもワイド感が増し、フォルクスワーゲンのゴルフ風のイメージとなりました。

ヘッドライト&フォグランプのデザイン変更

ヘッドライトとフォグランプのデザインも変更となっています。

リアコンビランプのクリアレンズ部分をスモーク化

インプレッサスポーツに限りますが、リアコンビランプのクリアレンズ部分の一部がスモーク化されています。

新色マグネタイトグレーメタリック追加

2019年モデルから、新色となる「マグネタイトグレー・メタリック」がインプレッサにも設定されることとなりました。

内装の一部変更

内装(インテリア)に関しては、外観のようにイメージが変わる程の変更は行われていません。

ただ、エアコンパネル周辺のパーツをピアノブラック調のものに変更することで若干の質感アップが行われています。

マルチファンクションディスプレイのデザイン変更

マルチファンクションディスプレイが新たなデザインへと変更されました。

インプレッサD型でフロントビューモニター搭載

安全装備としてフロントビューモニターを設定。

リバース連動ドアミラー

後退時にミラーが下方向に向いてくれる機能となる「リバース連動ドアミラー」を搭載。

リヤタイヤ付近が見やすくなる為、バック駐車する時などに重宝する機能となります。

シートポジションメモリー機能

運転席シートポジションメモリー機能とドアミラーメモリー&オート格納機能を搭載。

集中ドアロック機能採用

走行すると自動で全ドアがロックされる機能が採用となります。

後席荷物置忘れ防止 リヤシートリマインダー機能の搭載

後部座席に荷物や乳幼児等の車内置き去り防止となる機能を新たに搭載。

アダプティブドライビングビーム搭載

ハイビームの照射範囲をその時々の状況に応じて自動で制御してくれる機能が搭載となります。

アイサイトツーリングアシスト(アイサイトver3.5相当)搭載

D型インプレッサの一番注目ポイントとなるのがアイサイトツーリングアシスト(TA)の搭載

ツーリングアシストは、高速道路の同一車線上にて、全車速で車線の中央維持、前車との適切な距離をとった走行といった内容を支援してくれる機能。

レヴォーグとWRX S4に2017年から搭載されてから注目を集めていたツーリングアシストがついにインプレッサにも搭載されることになりました。

インプレッサD型の発売時期は2019年11月15日

インプレッサD型の発売日は、2019年11月15日です。

※1.6Lエンジン搭載グレードは2020年初頭

注目されていたハイブリッドのe-BOXERやSTI Sportモデルの設定はなし。

それゆえ、2020年のE型以降に予想できる変更点を考えた結果が次の通りです。

新型インプレッサ マイナーチェンジ 2020年E型の予想

インプレッサE型ではSTI Sportモデル追加は

ある程度の先進装備をD型で搭載したことから、残された注目内容としてはSTI Sportモデルの設定。

新型インプレッサのSTIスポーツに関しては、これまでそれを彷彿させる以下のコンセプトがいくつか公開されてきました。

  • IMPREZA G4 -STI Performance-(東京オートサロン2017)
  • IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT(東京モーターショー2017)
  • インプレッサ STI Sport CONCEPT(東京オートサロン2019)

特に「インプレッサ STI Sport CONCEPT」と名付けられたモデルが東京オートサロンで2019にて公開されたことは、近い将来現行型インプレッサスポーツのSTI Sportモデルが発売されることを意図していると推測できます。

WRX S4の時は、東京オートサロン2017にてSTIスポーツコンセプトが発表され、一年半後の2018年9月に市販モデルが発売となりました。

この流れを踏まえると、インプレッサの場合もSTIコンセプトが公開された2019年1月から一年半後の2020年秋頃の可能性が考えられます。

そのタイミングは、E型インプレッサが発売される時期なので、E型インプレッサの目玉はSTI Sportモデルのラインアップと予想できるのです。

インプレッサE型 2020年もハイブリッドe-BOXERの搭載はないと予想

大幅改良のD型のタイミングでeボクサーの搭載がなかったことから、E型インプレッサでもハイブリッドのe-BOXERの搭載はないと予想します。

インプレッサへのハイブリッド搭載は次期モデルまでおあずけと私は予想しています。

以上がインプレッサE型の予想内容となります。

インプレッサの新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

スバルのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
セダン インプレッサG4

WRX S4

レガシィB4

ハッチバック/ワゴン インプレッサスポーツ

レヴォーグ

SUV XV

フォレスター

アウトバック

アセント

スポーツ WRX STI

BRZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました