スバル

インプレッサ マイナーチェンジ情報!E型でe-BOXER、2021年以降のフルモデルチェンジ予想も

スバル

スバル インプレッサスポーツとインプレッサG4が2020年にE型へマイナーチェンジ(年次改良)を実施へ。

E型インプレッサでは、ハイブリッドシステムのe-BOXER搭載やSTI Sport等、注目内容が盛りだくさん。

そこで、2020年に改良する見通しのインプレッサE型の変更点の注目ポイントと6代目となる次期インプレッサの予想内容を見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型インプレッサ マイナーチェンジ2020の変更点!E型の内容と予想

インプレッサスポーツにe-BOXER|E型でついにハイブリッド化

インプレッサスポーツのE型では、ハイブリッドシステムのe-BOXERが搭載される見通しです。

ちなみに、すでにドイツ等ヨーローパでは、インプレッサスポーツe-BOXERが発表されています。

このe-BOXERモデルは、これまで設定してきた2.0L NAのAWDモデルに変わる存在になる可能性が有力です。

インプレッサE型ではSTI Sportモデル追加の可能性

ある程度の先進装備を昨年のD型で搭載したことから、e-BOXERの他に残された注目内容としてはSTI Sportモデルの設定。

新型インプレッサのSTIスポーツに関しては、これまでそれを彷彿させる以下のコンセプトがいくつか公開されてきました。

  • IMPREZA G4 -STI Performance-(東京オートサロン2017)
  • IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT(東京モーターショー2017)
  • インプレッサ STI Sport CONCEPT(東京オートサロン2019)

特に「インプレッサ STI Sport CONCEPT」と名付けられたモデルが東京オートサロンで2019にて公開されたことは、近い将来現行型インプレッサスポーツのSTI Sportモデルが発売されることを意図していると推測できます。

インプレッサ STI Sport CONCEPT

インプレッサ STI Sport CONCEPT

WRX S4の時は、東京オートサロン2017にてSTIスポーツコンセプトが発表され、一年半後の2018年9月に市販モデルが発売となりました。

この流れを踏まえると、インプレッサの場合もSTIコンセプトが公開された2019年1月から一年半後の2020年秋頃の可能性が考えられます。

そのタイミングは、E型インプレッサが発売される時期なので、E型インプレッサの目玉はSTI Sportモデルのラインアップと予想できるのです。

インプレッサE型の発売時期は2020年秋と予想

現行型インプレッサは、毎年10~11月に年次改良モデルを発売しているので、E型インプレッサは2020年の10~11月頃に発売と予想します。

次に、6代目となる次期インプレッサに関してお話します。

スポンサーリンク

次期インプレッサ フルモデルチェンジの予想について

次期インプレッサはトヨタ製ハイブリッド搭載の可能性

スバルは、2020年半ばにトヨタ自動車のハイブリッドシステムを活用したHV車を発売する方針です。

また、日経XTECHの記事では、トヨタと共同開発したハイブリッド専用水平対向エンジン搭載車を2024年前後に投入と記載されています。

厳しい燃費規制であるCAFE対策の為に今後スバルの新型車はハイブリッド車やEV等の環境に配慮したモデルを中心に展開していく見通しです。

実際、現行インプレッサでもE型で2.0NAの代わりにe-BOXERモデルを展開する等、そのような兆候がすでに見られる状況。

以上のことを考えると、次期インプレッサではトヨタ製ハイブリッドシステムTHSを活用する可能性が予想できます。

次期インプレッサ フルモデルチェンジの時期は2022~2023と予想

2021年は次期WRX S4や新型アウトバックの日本発売が予想されるため、タイミング的にインプレッサのフルモデルチェンジはないのではと筆者は予想しています。

WRX S4のフルモデルチェンジ情報|2021年に予想できる新型ターボなどの次期モデルの内容
WRX S4のフルモデルチェンジが2021年に実施の可能性が高まってきました。次期WRX S4には、アイサイトver4や新型ターボなど注目の変更点が盛りだくさん。日本国内ではレガシィB4の後継ポジションを担った日本スバルのフラグシップセ...
アウトバック フルモデルチェンジは2021年の可能性!日本発売の予想について
スバルのSUV アウトバックがフルモデルチェンジを2019年に北米にて実施。続いて日本でも新型アウトバック導入と思いきや、現行型のF型が発売というまさかの展開に驚くユーザーが続出。次期アウトバックは、アイサイトツーリングアシスト搭載や質...

また、2020年のE型でe-BOXERやSTI Sportモデルをわざわざ投入となるとそこから2年程度は現行型を継続すると推測できます。

それを考えれば、2022~2023年頃にフルモデルチェンジするのではと予想します。

先程ご紹介した日経XTECHの記事では、トヨタと共同開発したハイブリッド専用水平対向エンジン搭載車は2024年前後に投入とされていたので、2023年ならばタイミング的にも合います。

次期インプレッサには、トヨタのハイブリッドシステムに加えて、新型レヴォーグに採用された

  • フルインナーフレーム構造のSGP
  • ハンズフリー対応の新型アイサイト
  • コクピットにフルデジタル液晶ディスプレイ

等といった先進装備が活用されると予想。

インプレッサの新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました