レガシィB4 フルモデルチェンジ情報|2020年廃止も予想できる日本仕様の行方

レガシィB4のフルモデルチェンジ最新情報 スバル

スバルのレガシィB4が2019年に北米にてフルモデルチェンジを行い、7代目が登場しました。

しかしながら日本では現行型のF型へ年次改良され、発売は2020年以降へ見送りとなるなど今後の動向に注目が集まっています。

国内では、「次のレガシィシリーズからB4が廃止される」という説も登場する中、2020年に国内生産終了報道など驚きの情報が続々と出ています。

そんな新型レガシィB4の最新情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

レガシィB4 フルモデルチェンジ 外装はキープコンセプト

新型レガシィB4 外観は高級志向からスポーティ志向へシフト

7代目となる新型レガシィB4は、フルモデルチェンジ前の6代目からキープコンセプトのデザインとなっています。

そんな新型レガシィB4の北米仕様のデザインがコチラです。

 

フロントは先代にかなり近いスタイルですが、リアは5代目インプレッサに似たスタイルとなっています。

ラグジュアリーな傾向のあった6代目よりも、メッキ加飾や重厚感が控えめとなりスポーツ志向へとシフトした印象を受けます。

ただ、地味に色んな部分が進化しており、エクステリアの注目ポイントが以下の通りとなります。

新型レガシィB4 フレームのない「フレームレスヘキサゴングリル」採用

先代のフロントグリルはメッキパーツに囲まれていましたが、新型ではメッキどころかフレームのないデザインが採用されました。

新型レガシィB4はドアミラーとウインドウフレームが一体化したデザイン

ドアミラーの下部分とウインドウモールのメッキが連続した高度なデザインとなっています。

新型レガシィB4のリアコンビランプはトランク内側部分まで発光

これまでコの字型のリアコンビランプは、トランクの外側部分しか光りませんでしたが、新型では内側部分まで発光するといった進化を遂げています。

新型レガシィB4は上級グレードのドアハンドルにメッキ採用

北米仕様の上級グレードには、ドアハンドルにメッキパーツが加飾されています。

新型レガシィB4 目立つ黒の樹脂パーツ

フォグランプの上部分には厚めの黒い樹脂パーツが活用がされています。

これをカッコいいと見るかダサいと見るかは賛否両論意見が分かれることになりそうです。

レガシィB4 フルモデルチェンジで内装が大幅進化

新型レガシィB4 内装が高級感満載のデザインに

新型レガシィの最も注目ポイントと言えるのが内装デザインの刷新。

先代と比べて大幅に質感向上しており、高級車風のインテリアに仕上がっています。

Wi-Fi hotspotやリモートエンジンスタート、ドライバーモニタリングシステムなどの便利機能も充実しています。

新型レガシィB4 11.6インチFull HD縦型ディスプレイ採用が特徴

インテリアの中でも一番目を惹くのが11.6インチの大型となる縦型ディスプレイの採用

このような縦長ディスプレイを使ったナビゲーションシステムは、国産車ではプリウスPHV、海外メーカーではテスラ、ボルボが採用しています。

最新型インフォテインメントシステムのHMIを活用して、スマホ同様の感覚で快適操作できる所が特徴

「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応しています。

ナッパレザー、シートベンチレーションを装備

最上級グレードは、タンカラーのナッパレザーやシートベンチレーションといった豪華装備になっています。

新型レガシィB4 ボディサイズは先代から全長が40mm拡大

新型レガシィB4のボディサイズは、先代よりも全長が40mm拡大されただけで、その他は先代と同じサイズになります。

【新型レガシィのサイズ】
全長4,840㎜、全幅1,840mm、全高1,500mm、ホイールベース2,750mm

新型レガシィB4 フルインナーフレーム構造のSGPを採用

プラットフォームには、高剛性化と軽量化の両立を可能とするフルインナーフレームを採用したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されています。

スバル車でフルインナーフレーム構造の採用は今回のレガシィが初となります。

レガシィB4 フルモデルチェンジでエンジンにターボ採用

新型レガシィB4にラインナップされるエンジンには、FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボエンジンとFB25型 2.5 L水平対向4気筒DOHC直噴エンジンの2つが設定されています。

レガシィにターボが帰ってきたところは一つの注目ポイントとなります。

レガシィB4にアイサイトツーリングアシスト待望の搭載

ようやくレガシィにも先進安全装備のアイサイトツーリングアシストが搭載となりました。

この外にも、新型レガシィB4には安全装備として「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」「後側方警戒支援システム」「アイサイトアシストモニター」等も搭載されています。

レガシィB4 日本でのフルモデルチェンジについて

レガシィB4 2020年秋に国内生産終了報道

レガシィB4の日本国内生産終了を2020年秋に打ち切り、今後生産拠点を北米に集約させる旨の報道が2019年4月に日刊工業新聞が報道しました。

レガシィB4国内で廃止の可能性は

以前から、レガシィB4の国内廃止の噂はあったものの、上の日刊工業新聞の報道以降、日本でレガシィB4が廃止されるのではないかと見る人が増えている状況。

2020年秋と言えば、現行型のF型発売から一年を迎え、現行型販売終了となりうる時期でもあります。

ただ、日本で生産終了となっても次期モデルから北米から輸入という形での販売の可能性は残されています。

日本で次期レガシィB4を販売となった場合の仕様

仮に日本で2020年以降に次期レガシィB4の販売となった場合は、グレードはe-BOXER搭載のハイブリッドモデルのみ、アイサイトver4搭載といった仕様が予想できます。

これらのシステムを適用するために時間がかかって、日本仕様が北米仕様よりも販売が遅れていると考えると、2019年に国内仕様の新型レガシィがでなかったことに納得がいきます。

それでもレガシィB4が日本で廃止となる可能性が高い理由

正直、次期レガシィB4の日本発売が厳しいと思う理由は次の通りです。

一つ目は、国内生産終了が事実の場合、北米の工場で日本仕様のための専用装備を作るラインを、用意できる余裕があるとは思えないからです。

今の北米仕様のレガシィにない「e-BOXER」や「アイサイトver4」といった装備をつけるための施設が必要となりますが、販売台数の少ない日本のB4のためにわざわざ設備投資をする余裕があるとは思えません。

2つ目は、WRX S4の存在がある事。S4とB4はキャラクターが大幅に異なりますが、今スバルのユーザーに需要が多いのはS4の方です。

4代目以前のレガシィB4ターボモデルの実質的後継と言えるのはS4なのでそれは当然とも言えます。

今のB4は、輸入車層や、上級セダンを好む他の国産メーカーのユーザーをスバルに新規顧客として獲得できる役割を持てる存在ですが、販売台数を見る限りそれが上手くいっているとは言い難い状況です。

本来であれば、WRX S4で昔のレガシィB4のターゲットとなる顧客層の獲得、レガシィB4でこれまでスバルにいなかった層の新規顧客の獲得という別々の役割を担うことが望ましいです。

しかしながら今のスバルに、B4とS4それぞれ日本市場へ戦略を持たせて導入させる余裕があるかというと、不正問題の対応などにリソースが割かれるなど厳しい状況に思えます。

だからこそ、現時点ではB4はあきらめて、日本の上級セダンはS4一本化させるとスバルが決断しても不思議ではありません。

それに次期WRX S4で質感や乗り心地を今より大幅に向上させれば、ある程度B4のポジションをカバーできます。

これを考えると、スバルの国内上級セダンは次期WRX S4に一本化させる方が効率的ですし、そうなるのではないかと予想しています。

個人的には、レガシィB4は国内存続してほしいですし、予想通り廃止となっても将来再び戦略を持っての復活を期待します。

新型レガシィB4の続報が入れば、本記事でまたお伝えします。

 

スバルのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
セダン インプレッサG4

WRX S4

レガシィB4

ハッチバック/ワゴン インプレッサスポーツ

レヴォーグ

SUV XV

フォレスター

アウトバック

アセント

スポーツ WRX STI

BRZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました