WRX S4のフルモデルチェンジ情報|2021年予想できる新型ターボなどの次期モデルの内容

WRX S4のフルモデルチェンジ最新情報 スバル

WRX S4のフルモデルチェンジが2020~2021年に実施の可能性が高まってきました。

次期WRX S4には、アイサイトver4や新型ターボなど注目の変更点が盛りだくさん。

日本国内ではレガシィB4の後継ポジションを担った日本スバルのフラグシップセダンになる可能性もあり、スバリストの中では注目を集めています。

そんな2代目となる新型WRX S4の情報をみていきましょう。

スポンサーリンク

WRX S4 フルモデルチェンジ 外観コンセプトがカッコいい!

新型WRX S4のコンセプト「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」

スバルは、東京モーターショー2017にて「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」と名乗るコンセプトを発表。

これは誰がどう見ても新型WRX S4のコンセプトと言える存在。

そのヴィジブパフォーマンスコンセプトのエクステリアデザインをご覧ください。

ヘキサゴングリルやエアインテークの存在、コの字型ランプの採用をしながらも、初代S4から大幅にイメージの異なるダイナミックなデザインとなっています。

リアに関しては、一つにつながったコンビランプのデザインが特徴的で、ホンダのNSXのリヤを彷彿させるスポーティなデザインが描かれています。

このVIZIV PERFORMANCE CONCEPTは外観のみの公開で内装は明らかにされていません。

ヴィジヴパフォーマンスコンセプトのボディサイズ

全長4,630mm、全幅1,950mm、全高1,430mm

WRX S4 フルモデルチェンジ 内装(インテリア)には大型ナビモニター採用の可能性

新型WRX S4の内装には、北米で2019年に発売した新型レガシィに採用された大型のナビモニター採用の可能性が考えられます。

2代目WRX S4のインテリアは、新型レガシィB4のインテリアをよりスポーティにしたデザインとなることを予想

現行S4の内装の質感に関しては賛否両論ありましたが、その反省から次期S4では大幅に質感向上し、インプレッサとは別のデザインテイストになる可能性も考えられます。

WRX S4 フルモデルチェンジでシャーシにフルインナーフレーム

新型WRX S4には、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)が活用されますが、新型レガシィ同様にフルインナーフレームのタイプを採用される可能性が高いです。

SGPと言えば、高剛性で軽量、低重心化に貢献するだけでなく、操縦性の安定や安全性能強化に定評があります。

現行S4では「スポーツ性能は高いけれども、乗り心地がちょっと・・・」という意見が多く出ていましたが、SGPの恩恵を受けた新型S4では乗り心地にも不満のない出来が期待できます。

新型WRX S4 新型ターボとハイブリッドe-BOXERの予想

新型WRX S4の注目ポイントの一つとなるのが新型ターボエンジンの搭載

現在有力となっているのが、新開発された水平対向4気筒 1.8リッターダウンサイジングターボエンジン(FA18型)の搭載。

この新型エンジンは次期レヴォーグと共に新採用される可能性が濃厚となっています。

また、ハイパフォーマンスモデルとして2.4リッターターボ搭載も予想したい所。

WRXシリーズは、スバルの走りのフラグシップという事を考えると、アセントや新型レガシィに搭載されている「2.4L水平対向4気筒直噴ターボエンジン」以上のエンジンを搭載してくる可能性も考えられます。

さらに、今後の燃費規制を見越して、ハイブリッドのe-BOXERが活用される事も予想できます。

新型WRX S4 アイサイトver4でハンズオフ実現の可能性大

今回のフルモデルチェンジで、もう一つの注目ポイントとなるのが、次期アイサイトの搭載

アイサイトver4(仮)では、ステレオカメラだけでなく、ミリ波レーダーとデジタルマップGPSが活用される見通し。

それによって、「高速道路にて自動で車線変更」や「一定条件下でのハンズオフ」といった日産のプロパイロット2.0に近いシステム実現が期待されます。

新型WRX S4がレガシィB4後継のフラグシップセダンになる可能性

北米ではフルモデルチェンジした新型レガシィが2019年に発売されたものの、日本では2019年内発売予定はありません。

それどころか、2020年秋に日本でのレガシィB4生産終了報道もあって、レガシィB4の国内廃止の可能性が取りざたされる状況

レガシィB4が廃止となれば、国内でのフラグシップセダンはWRX S4となり、役員車にもなり得る質感が求められることになります。

ナビゲーター
ナビゲーター

現行型WRXにわざわざ日本専用のS4が設定されたことを考えると、B4との統合を早い段階から検討されていたのかもしれませんね。

WRX S4 フルモデルチェンジの発表と発売時期は2021年と予想

新型WRX 2020年のモーターショーにて世界初公開と予想

新型WRXのワールドプレミアの舞台は、

  • ニューヨーク国際オートショー2020(2020年4月開催)
  • 北米国際自動車ショー2020(2020年6月開催)

のいずれかと予想。

新型WRX S4の日本発売時期は2021年前後

WRX S4はデビュー時は、レヴォーグから約2ヶ月遅れて発売でしたが、その後はほぼ同タイミングでの改良が実施されている状況です。

ただ、新型WRXのワールドプレミアが2019年に行われなかったことを考えると次期レヴォーグよりも後に発売される可能性が予想できます。

次期レヴォーグの発売が2020年秋頃と予想されることから、新型WRX S4の発売時期は次期レヴォーグからやや遅れた2020年末~2021年前半と推測できます。

新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

スバルのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
セダン インプレッサG4

WRX S4

レガシィB4

ハッチバック/ワゴン インプレッサスポーツ

レヴォーグ

SUV XV

フォレスター

アウトバック

アセント

スポーツ WRX STI

BRZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました