スバル

アウトバック フルモデルチェンジは2021年頃の可能性!日本発売の予想について

スバル

スバルのSUV アウトバックがフルモデルチェンジを2019年に北米にて実施。

続いて日本でも新型アウトバック導入と思いきや、現行型のF型が発売というまさかの展開に驚くユーザーが続出。

次期アウトバックは、アイサイトツーリングアシスト搭載や質の高いインテリアといった魅力的な内容に注目が集まっています。

そんな新型アウトバックの情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型アウトバックフルモデルチェンジ情報一覧|変更点を一挙公開

北米市場で先行発売となった新型アウトバックの変更点をお伝えします。

新型アウトバック エクステリアはアウトドア色が強めに

先代アウトバックの外観デザインは、都市型クロスオーバーSUVの高級感あるデザインとアウトドア感のあるデザインがバランスよく表現されていました。

今回の新型アウトバックでも先代からのキープコンセプトとなっていますが、ややアウトドア色の強いフォレスター寄りのデザインとなっています。

そんな新型アウトバックの北米仕様のデザインがコチラです。

コンセプトは「Active & Tough」。

新型アウトバックのエクステリアでどこが変わったのか、注目ポイントをお伝えします。

新型アウトバック 丸型ではなく縦型3連LEDフォグランプ採用

歴代アウトバックには丸形のフォグランプが採用されてきましたが、新型アウトバックには丸形を廃止して縦型3連のLEDフォグランプが採用されています。

新型アウトバック アウターミラーはウインドウメッキと連動したデザインに

ミラーの下部分とウィンドウフレームのメッキが連続した新たなデザインが採用されています。

新型アウトバック ホイールアーチをブラックアウト化

ホイールアーチがブラックアウト化されたデザインとなっています。

新型アウトバックのリヤコンビランプは内側まで光る

先代アウトバックではリアのコの字型ランプはトランクの外側部分しか発光しませんでしたが、新型アウトバックでは内側部分まで光るように進化しています。

新型アウトバックに非接触式のハンズフリーパワーリヤゲートを採用

スバル初となる非接触式のハンズフリーパワーリヤゲートが搭載されています。

新型アウトバック ボディサイズは若干大型化

新型アウトバックのボディサイズは、先代よりも全長40mm、全幅15mm、全高75mm拡大されています。

【新型アウトバックのサイズ】
全長4,860mm、全幅1,855mm、全高1,680mm、ホイールベース2,745mm

フロントバンパーからフォグランプ周辺に分厚い黒の樹脂パーツ採用

賛否両論の意見が出そうなのが、かなり面積の広い黒い樹脂パーツが、フロントバンパーからフォグランプ周りにかけて採用されている所。

これをアウトドアのイメージに合ってカッコいいと思うか、黒が多すぎでダサいと見るか意見が分かれることになりそうです。

フロントグリルはセダンと違ってフレームレスにならず

新型レガシィセダンでは、フロントグリルにフレームのない「フレームレスヘキサゴングリル」が採用されましたが、アウトバックでは先代に近いメッキフレームのグリルが採用されています。

新型アウトバック 高級感のある内装デザインへ進化

新型アウトバックで大きく進化した注目ポイントとなるのがインテリアのデザイン

モデルチェンジ前よりも大幅に質感が向上して、高級車に近い雰囲気の内装となっています。

新型アウトバックに11.6インチFull HD縦型ディスプレイを採用

11.6インチの大型となる縦型ディスプレイを採用して、最新型インフォテインメントシステムが活用されています。

縦長ディスプレイを使ったナビゲーションシステムは、国産車ではプリウスPHV、海外メーカーではテスラ、ボルボが採用しています。

新型アウトバックは、最新型インフォテインメントシステムのHMIを活用して、スマホ同様の感覚で快適操作できる所が特徴

また、「Apple CarPlay」「Android Auto」にも対応しています。

シートベンチレーションとナッパレザー装備

最上級グレードには、シートベンチレーションとブラウンのナッパレザーが装備されます。

運転席クッション座面長の調整機能やPTCヒーター採用

快適装備として、運転席クッション座面長の調整機能やエンジン始動直後から車内を素早く暖めるヒーターが採用がされています

その他にも、ドライバーモニタリングシステムとアイサイトアシストモニターといったシステムも搭載されています。

新型アウトバックのプラットフォームにフルインナーフレーム構造を採用

プラットフォームには、高剛性化と軽量化の両立を可能とするフルインナーフレームを採用したSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が採用されています。

スバル車でフルインナーフレーム構造の採用は今回のアウトバックがセダンのレガシィと共に初となります。

新型アウトバックのエンジンはターボとNAの2本立て

ラインナップされるエンジンには、FA24型 2.4L水平対向4気筒DOHC 直噴ターボエンジンFB25型 2.5 L水平対向4気筒DOHC直噴エンジンの2つが設定されています。

アウトバックにターボが採用された所は、一つの注目ポイントとなります。

新型アウトバックにアイサイトツーリングアシスト搭載

アウトバックに待望となる先進安全装備のアイサイトツーリングアシストが搭載となりました。

この外にも、新型アウトバックには安全装備として「後退時自動ブレーキ」「後側方警戒支援システム」「後側方警戒支援システム」「アイサイトアシストモニター」等も搭載されています。

スポンサーリンク

アウトバック フルモデルチェンジでXBREAK相当の「Onyx Edition XT」

北米仕様の新型アウトバックには、日本仕様ではXBREAKに相当する「Onyx Edition XT」グレードが設定されています。

Onyx Edition XTグレードの内容一覧

  • ブラック加飾されたフロントグリルとバンパー
  • レターマークとドアミラーをブラックでコーディネート
  • 本革のような質感を持つ防水マテリアルStarTexをシート表皮に採用
  • グレー表皮とイエローグリーンステッチとなるシート配色
  • 「SNOW・DIRT」、「D.SNOW・MUD」という使用シーンに応じての2つのモードを切り替えられる「新型X-MODE」採用
  • 18インチアルミホイール採用

スポンサーリンク

アウトバック フルモデルチェンジ日本では2021年頃に実施か

日本では2020年後半に現行型のG型アウトバックが発売される見通しの為、新型アウトバックの日本導入は2021年以降が有力です。

レガシィB4の記事で記載しましたが、国内での次期レガシィシリーズはセダンのB4を廃止してアウトバックのみになる可能性が取りざたされています。

また、日本仕様の次期アウトバックの仕様を考えると、e-BOXERや新型レヴォーグで採用されるアイサイトver4やフルデジタル液晶メーター等の搭載が予想できます。

レヴォーグ フルモデルチェンジ情報|2020年11月アイサイトver4と新型ターボエンジン搭載&予想内容あり
スバルのステーションワゴン、レヴォーグのフルモデルチェンジの情報をピックアップしてみました。 次期レヴォーグの外観デザインの全貌は東京モーターショー2019にて明らかとなり、アイサイトver4(仮)や新型ターボ等の最新装備にも注目が集...

新型アウトバックA型 日本発売時期を2021年と予想する理由

2020年11月頃に次期レヴォーグのデビューとなるため、新型アウトバックの日本導入はそれよりも後になる可能性が高い状況。

したがって、新型アウトバックの日本発売時期は2021年以降と予想できます。

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

スバルのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
SUV XV

フォレスター

アウトバック

アセント

セダン インプレッサG4

WRX S4

レガシィB4

ハッチバック/ワゴン インプレッサスポーツ

レヴォーグ

スポーツ WRX STI

BRZ

コメント

タイトルとURLをコピーしました