レクサスCT フルモデルチェンジ情報|2020年予想できるEV化

レクサスCTのフルモデルチェンジ最新情報 レクサス

レクサスCTのフルモデルチェンジについて最新の情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

新型レクサスCT フルモデルチェンジ情報一覧

EV(電気自動車)モデル発売の可能性

現行型レクサスCTは、ハイブリッド専用車として発売されていますが、2代目レクサスCTは、EV(電気自動車)化される可能性が取りざたされています。

英国メディアのAutoExpressが2018年に書いた記事では、レクサスCTの後継モデルはEVモデルになる可能性や、テスラモデル3(Tesla Model 3)のライバルとなる可能緒性が記載されていました。

ハイブリッドシステムはカローラハッチバックの2.0L採用か

AutoExpressの記事では、新型レクサスCTのハイブリッドシステムには、新型オーリスの2.0Lハイブリッドが採用される可能性が記載されています。

新型オーリスは、欧州で後にカローラハッチバックの名称で発売されたため、新型カローラハッチバックの2リッターハイブリッドシステムが活用されることが予想できます。

ちなみに、その2リッターハイブリッドは、直列4気筒2.0リッター直噴「Dynamic Force Engine(ダイナミックフォースエンジン)」を活用しており、日本のカローラスポーツでは未採用となっているシステムです。

TNGA-Cプラットフォーム採用の可能性

次期レクサスCTは、カローラハッチバックに採用されているTNGA-Cプラットフォームを活用すると見られています

レクサス車の中で、GA-CプラットフォームはすでにレクサスUXでも採用されています。

デザイン一新でライバルのAクラスやGLAに匹敵するものへ

AutoExpressの記事には、次期レクサスCTのデザインは、ライバルとなるメルセデスベンツのAクラスやGLAに匹敵できるように一新する可能性が記載されています。

新型レクサスCT 発売時期は2020年でカローラハッチバックの姉妹車的存在になる可能性

AutoExpressの記事では、レクサスCT後継モデルは、2020年にオーリスの姉妹車として登場する可能性が指摘されています。

ちなみにオーリスは、2018年に廃止されて欧州ではカローラハッチバック、日本ではカローラスポーツとして後継モデルを発売させています。

このことから、新型レクサスCTはカローラハッチバック(カローラスポーツ)のレクサスバージョンとしてデビューする可能性が考えられます。

ここまでが、AutoExpressの記事を基にした新型レクサスCTの情報となります。

AutoExpressの記事はこちら(英語)

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました