アコード フルモデルチェンジ情報|2020年2月日本発売とデザイン等変更点について

アコードのフルモデルチェンジ最新情報 ホンダ

ホンダのミドルセダンのアコードのフルモデルチェンジ情報をピックアップしました。

全面改良となる次期アコードは、すでに2017年10月に北米、2018年に中国市場で販売され、2020年の日本発売も決定しました。

そんな新型アコードの情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

アコード フルモデルチェンジ変更点一覧

新型アコード 外装はスポーティなクーペルック

新型アコードのエクステリアは、先代から大幅にリニューアルされてスポーティ色の強いデザインとなっている所がポイント。

近年のセダンで流行りとなっているクォーターピラーがクーペルックなデザインを採用しています。

新型アコードの外装の特徴を、以下お伝えします。

ダイナミックなフロントグリル採用

新型インサイト同様に大型のフロントグリルデザインが採用されています。

水平デザインのメッキバーが特徴

ソリッドウイングフェイスを継承しながらもフロントメッキバーが水平デザインになっている所が特徴です。

ウインドウメッキは上部分のみ

モデルチェンジ前は一周していたウインドウモールのメッキは、今回シビックセダンと同じように上部分のみの採用となっています。

ブーメラン型のリアテールランプデザイン

リアのコンビランプのデザインは、シビックセダンに似たブーメラン型のデザインを採用しています。

モデルチェンジ前の高級感を感じさせるリアデザインに対し、新型アコードのリアは、特にスポーティ色が強いものとなっています。

新型アコード ボディサイズは全幅が拡大

新型アコードのサイズは以下の通り。

全長 4,893 mm、全幅 1,862 mm、全高 1,449 mm、ホイールベース 2,830 mm

先代アコードと比較すると、全長が52mm短くなり、全幅が12㎜拡大、全高が16㎜低く、ホイールベースが55㎜長くなっています。

内装デザインを大幅リニューアル

新型アコードの内装は、先代と打って変わり、欧州メーカー車と張り合える程質感高いデザインとなりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Queremos saber cuántos verdaderos #Hondalovers nos siguen. ¿Sabes a quién pertenece este lujoso tablero? 😏

Honda Méxicoさん(@hondamexico)がシェアした投稿 –

モデルチェンジ前は2画面あったモニターが、1つのタッチパネル式のナビ画面へ集約されました。

シフトボタンはボタン方式のものを先代に続いて採用され、シート素材には、ソフトタッチ素材が採用されています。

後席足下スペース拡大

ホイールベースが延長されたことによって、後席足下スペースは2インチ拡大されています。

エンジンとトランスミッション情報

新型アコードには、1.5Lタイプと2.0Lタイプの直列4気筒DOHC直噴ターボエンジンを採用

ただ、これは海外仕様の話であり、日本仕様ではターボの設定はなく、ハイブリッドモデル専用になる可能性が有力です。

トランスミッションは、

  • 1.5L直4ガソリンターボエンジンにはCVT採用(最高出力192hp)
  • 2.0L直4ガソリンターボエンジンには新開発10速AT採用

となっています。

ちなみに10速ATはFF乗用車への初搭載となっている所がポイント。

プラットフォームに次世代ACEボディー採用

新型アコードのプラットフォームには、次世代ACEボディー(Advanced Compatibility Engineering)を採用。

高機能接着剤と超高張力鋼板の適用拡大により、ボディー剛性と軽量化だけでなく、静粛性も高く実現させている所が特徴です。

ハイブリッドシステムに第3世代i-MMD採用

新型アコードのハイブリッドには最新となる第3世代のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」を搭載。

第3世代i-MMDは、第2世代i-MMD同様2モーターハイブリッドシステムを採用しつつ、サイズが小型化されたことで、後席フロアの下部分にインテリジェントパワーユニット(IPU)が搭載されました。

そのおかけでハイブリッドモデルでもトランクスペースと6:4の後席分割可倒が可能となった所がポイントです。

新型アコードの燃費性能情報

新型アコード(北米仕様)の2020年モデルの燃費性能は、米国EPA(環境保護局)認定燃費で48マイル/ガロン(約20.4km/リットル)と公表されています。

最新のホンダセンシング標準装備

新型アコードには、ホンダ先進安全装備となるホンダセンシングが全モデル標準装備となります。

ホンダセンシングの装備一覧

  • 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
  • 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)
  • 車線維持支援システム(LKAS)
  • 標識認識機能
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能

これ以外にも、北米仕様の2020年モデルには、自動ハイビームヘッドライトやドライバーアテンションモニター、マルチアングルバックミラーカメラ等が採用されいます。

さらに、ブラインドスポットインフォメーション、雨滴感知フロントワイパーといった装備もオプション設定。

アコード フルモデルチェンジ 日本仕様の情報

新型アコード 日本仕様の外装デザイン

新型アコードの日本仕様のデザインとして公開されているのは次の画像です。

ほぼ北米仕様と同じデザインであることが伺えます。

新型アコード日本公開は2019年の東京モーターショー

日本仕様の新型アコードは、東京モーターショー2019にて初公開となります。

新型アコード 日本発売時期は2020年2月

新型アコードの日本発売時期に関しては、2020年2月に予定されています。

アコードの新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

ホンダのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
セダン グレイス

シビックセダン

アコード

レジェンド

SUV ヴェゼル

CR-V

コンパクト フィット
軽自動車 N-BOX
ハッチバック/ワゴン シビックハッチバック
スポーツ シビックタイプR

コメント

タイトルとURLをコピーしました