ホンダ

次期グレイス フルモデルチェンジ予想|日本復活は2021年以降にあるのか?海外仕様のシティベースで新型発売に期待

グレイスのフルモデルチェンジ最新情報 ホンダ

ホンダのグレイスのフルモデルチェンジの動向に注目が集まっています。

 

ナビゲーター
ナビゲーター

すでに海外仕様のシティに関しては全面改良を実施したものの日本仕様のグレイスはまさかの2020年に廃止。

今後、日本でシティの復活はあるのか。

 

そんな次期グレイスの情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

グレイス フルモデルチェンジ情報一覧|海外仕様シティが2020年デビュー

グレイスは海外市場ではシティの名称で発売されていますが、そのシティが2020年モデルとしてフルモデルチェンジを行いました。

新型グレイスの外装デザインはカッコ良く進化

グレイス海外仕様の新型シティの外装デザインがこちらです。

エクステリアは、フロントにLEDヘッドランプ、グリルにクロームバーを採用したシビックセダンに近いスタイルへと進化。

リアのLEDテールライトはシビックとは異なる横長の新デザインを採用。

また、ホイールには、15インチ合金ホイールが採用されています。

全体的にフルモデルチェンジ前よりもスポーティでシビック寄りのデザインとなっていることが伺えます。

RSグレードもラインアップ

グリルなどをブラックアウト化させたデザインのRSグレードも今回用意されています。

新型グレイスのボディサイズは3ナンバー化

ボディサイズは、全長4,553mm×全幅1,748mm×全高1,467mm×ホイールベース2,589mm

※改良前のサイズは、4,450mm×全幅1,695mm×全高 1,475mm,ホイールベース 2,600mm

改良前は5ナンバーサイズでしたが、モデルチェンジ後は3ナンバーサイズとなっています。

新型グレイスの内装

内装デザインについては以下の通り。

新型フィットによく似たインテリアデザインとなっていることが伺えます。

フィット4 フルモデルチェンジ2020年最新情報|SUVのクロスターにも注目
ホンダのコンパクトカー、フィットのフルモデルチェンジ情報をピックアップ。4代目となる次期フィットには、新世代ハイブリッドi-MMDやクロスオーバーSUV風タイプの「クロスター」グレードなど、注目所が盛りだくさん。2020年の日本発売とな...

インフォテインメントシステム採用でスマホと連携も

Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応したインフォテインメントシステムも採用。

また、ワイヤレス充電や8インチタッチスクリーンといった装備も採用となります。

新型グレイスに1.0Lターボエンジン

新型グレイスのタイ仕様には、直3の1.0リッターVTEC TURBOエンジン(122PS/ 173Nm)採用。

CVTのトランスミッションとなっています。

インドではディーゼルエンジン仕様も

インド仕様では、 1.5L i-VTECガソリンエンジンモデルに加えて、1.5L i-DTECディーゼルエンジンモデルのラインアップも有力視されています。

新型シティのワールドプレミア(発表)は2019年11月25日タイにて実施

新型グレイスの海外仕様シティのワールドプレミアは2019年11月25日にタイにて行われました。

新型シティ 海外での発売時期は2019~2020年

発売時期に関しては、まずタイにて2019年12月24日に発売開始。

その後、2020年に東南アジア、インド地域から行われることへ。

スポンサーリンク

グレイス 日本復活の可能性は?新型シティベースのフルモデルチェンジに期待

2020年7月に残念ながら日本市場でグレイスが生産終了となり廃止されました。

ナビゲーター
ナビゲーター

2020年7月の現行型の生産終了をもってグレイスは日本廃止となるのか、次期モデルまで期間が空くことになるのかはまだ不透明な状況です。

そんな中、一つ気になる情報が出てきました。

日本で新型シティの意匠が特許出願&登録済みと判明

日本で、新型シティのデザイン意匠が2019年4月26日に特許出願され、2019年8月23日に登録されていることが2020年6月8日に判明しました。

ナビゲーター
ナビゲーター

注目は、これは次期グレイスの日本発売を期待できるものなのかどうかです。

新型シティのデザイン意匠を日本で2019年に特許申請した所から推測できるのは以下の3つのパターンです。

  1. グレイス後継モデルとして日本導入予定であるため意匠登録をした
  2. 特許申請の時点ではグレイス後継モデルとして日本導入予定だったが、昨今の経済状況変化により計画見直しで導入見送りとなった
  3. 元々日本導入予定はなく単に意匠登録をしただけ

グレイスの日本復活が難しいと考える理由

ナビゲーター
ナビゲーター

グレイスの日本復活が難しい理由を考察すると、日本で売り上げが見込めない&開発コストが見合わないといった所があげられます。

海外仕様の新型シティにはハイブリッドモデルが発表されていないので、日本仕様の次期グレイスを発売させるためにはハイブリッドシステムe:HEVの搭載が必要。

しかしながら、

  • 現在の日本でのセダン需要の縮小
  • 2020年の経済状況の大幅変化

という状況をふまえると、わざわざe:HEV搭載のための改良にコストをかけて日本導入するには割に合わないと判断されても不思議ではありません。

ナビゲーター
ナビゲーター

また、現行グレイスは5ナンバー車だからこそ教習車として需要がありますが、新型シティは3ナンバー化されたため、教習車としての需要も難しいと言わざるを得ません。

これらを考えると、次期グレイスの日本発売はかなり難しいと言えるでしょう。

グレイスのポジションは、フィットがカバーするという形になるのではないでしょうか。

しかしながら、シビックセダンも2020年8月に生産終了され、それ以降のホンダは300万円未満のセダンが存在しない状況となっています。

ナビゲーター
ナビゲーター

セダンの需要が高まれば、いずれはインサイトより下のグレイスの需要を担える後継ポジションのセダンが登場するのではと予想。

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました