CR-V マイナーチェンジ情報|2020年型の日本導入予想と課題について

CR-Vのマイナーチェンジ最新情報 ホンダ

ホンダのCR-Vがマイナーチェンジした2020年型を北米にて発売。

北米で先行して改良した新型CR-Vは、外装がよりスポーティなデザインに変更されて話題となり日本導入も待たれる状況。

そんな新型CR-Vの情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

CR-V マイナーチェンジ2020で外装デザイン変更

マイナーチェンジした新型CR-Vのエクステリアは、改良前に比べてエレガントでスポーティなスタイルへ進化しています。

外装の変更点の特徴が以下の通りです。

新型CR-V2020年型 フロントグリルの水平バーがブラックアウト化

改良前は、メッキだったフロントグリルの水平バーがブラックアウト化されました。

フロントフェイスが洗練され、シビックハッチバックを彷彿させるスポーティな印象が強まっています。

新型CR-V2020年型 バンパーのメッキ加飾でエレガントに

フロントバンパーには、左右に広がるメッキパーツを装備

リアバンパーのメッキパーツもマイナーチェンジ前とデザインの意匠が変更されています。

新型CR-V2020年型 フロントの黒い樹脂バンパーがやや拡大

フロントグリル下バンパーの黒い樹脂パーツの面積が大きくなると共に左右に広がるデザインとなりました。

新型CR-V2020年型  リアテールランプのダーク化

リアのテールランプのクリア部分がダークレンズ化されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Update your #garagegoals with the all-new 2020 Honda #CRVHybrid. Available early next year.

Hondaさん(@honda)がシェアした投稿 –

その他に、リアガーニッシュにダーククローム処理を実施。

ちなみに、テールパイプはハイブリッドモデルでは隠しれたデザインとなります。

対して、クローム製エキゾーストフィニッシャーをガソリンのツーリンググレードにて装備。

CR-V2020年型 インテリアのデザイン変更はほとんどなし

内装に関しては、デザインの変更はほとんど行われていません。

注目となる新機能が、Qi規格となるワイヤレスのスマートフォン充電システムの搭載。

また、北米では2020年型からCR-Vハイブリッドモデルを投入となるため、日本仕様ではすでに導入済みのエレクトリックギアセレクターが採用されることになりました。

CR-V マイナーチェンジで最新のホンダセンシング搭載

2020年型CR-Vの先進安全装備には、最新のホンダセンシングを搭載。

CR-V 日本でのマイナーチェンジについて

日本仕様のCR-Vの課題とマイナーチェンジで予想できる内容が以下の通りとなります。

新型CR-V 低価格化で販売強化がカギ

日本でのRAV4の大ヒットとは裏腹に販売に勢いが見られない日本仕様のCR-V。

CR-Vの販売のネックとなっているのが高価な販売価格と見られています。

マイナーチェンジで客寄せパンダとなる廉価モデルを出せるかどうかが注目ポイントとなります。

新型CR-V 課題となる小さいナビの大型化

日本仕様のCR-Vで要望の多いのがナビ画面の大型化

現在CR-Vには、7インチのナビモニターが装備されていますが、9インチナビを採用するハリアー等と比べると画面の小ささが気になるという人は多いはず。

しかしながら、北米仕様のマイナーチェンジでナビの大型化のアナウンスがないことを考えると、今後も7インチサイズ継続の可能性が考えらえます。

CR-V日本仕様のビッグマイナーチェンジの予想時期は2020年

日本仕様のCR-Vは、北米仕様よりも2年遅れで導入されたことから、マイナーチェンジも北米で実施した2019年から2年後の2021年の可能性が考えられます。

しかしながら、シビックも北米から2年遅れで日本発売となったものの、シビックハッチバックに関しては北米と日本仕様共に2019年にフェイスリフトが行われる見通しです。

これを考えると、日本仕様のCR-Vも北米仕様の改良から間もない2020年にマイナーチェンジが行われる可能性が高いと予想します。

CR-Vの新しい情報が入れば、この記事内にて更新致します。

ホンダのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
SUV ヴェゼル

CR-V

セダン グレイス

シビックセダン

アコード

レジェンド

コンパクト フィット
軽自動車 N-BOX
ハッチバック/ワゴン シビックハッチバック
スポーツ シビックタイプR

コメント

タイトルとURLをコピーしました