日産

日産アリア(ARIYA)の最新情報|注目はココ!ボディサイズや日本発売時期,価格

日産

日産のEV専用の新型SUV アリアの情報をピックアップ。

東京モーターショー2019で公開されたアリアコンセプト(NISSAN ARIYA CONCEPT)は、日産復活を印象付ける内容となっているだけに、市販モデル(量販モデル)発売に大きく注目が集まる状況。

そこでアリア市販モデルのボディサイズや日本発売時期、価格等といった内容を含め、最新情報を元に注目ポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

日産アリア コンセプトまんまのカッコいいデザインを実現

近年は、コンセプトモデルのデザインを再現する国産メーカーが増えてきましたが、アリアはほぼそのままと言っていいほど相当忠実にコンセプトのデザインを再現してきました。

アリア コンセプトと市販デザインを比較

コンセプト

市販型

コンセプト

市販型

コンセプト

市販型

コンセプト

コンセプト

市販型

スポンサーリンク

日産アリア 全幅は1,850mmという絶妙なサイズ

日産アリアのボディサイズは全長4,595mm×全幅1,850mm×全高1,655mm

コンセプトのサイズが全長4,600mm×全幅1,920mm、全高1,630mmだったことを考えれば日本市場に合ったサイズになったと言えます。

最近は1850mmオーバーの車種が増える中、1,850㎜以内に収まったのは日本の駐車場事情のことを考えてのことではないでしょうか。

全幅を1,850mmにおさえた

スポンサーリンク

日産アリア 自動運転技術が満載!自動駐車機能やプロパイロット2.0採用

プロパイロットは2種類用意

アリアには、プロパイロットとプロパイロット2.0の2つが用意されています。

ハンズオフが可能となるプロパイロット2.0仕様にはカメラ7個、レーダー5個、ソナーを12個活用して、白線や標識、周辺車両をセンシング。

さらに、スカイラインのプロパイロット2.0からさらに進化した部分として、準天頂衛星システムから高精度測位情報を受信することで、自車位置をより高精度に把握することが可能となりました。

駐車支援機能

駐車に関する機能としては、プロパイロット パーキングを搭載。

さらに、車の外から操作をして駐車する機能「プロパイロット リモート パーキング」も採用されています。

スポンサーリンク

日産アリア 一充電での航続距離は最大610kmという長さ

バッテリーは2種類用意

アリアには、65kWh仕様と90kWh仕様の2種類のバッテリーが用意されています。

それぞれのスペックと一充電での航続距離は、

【65kWhバッテリー搭載モデル(2WD)】

  • 最高出力160kW/最大トルク300Nm
  • 最大航続距離:450km

【90kWhバッテリー搭載モデル(2WD)】

  • 最高出力178kW/最大トルク300Nm
  • 最大航続距離:610km

【65kWhバッテリー搭載モデル(4WD)】

  • 最高出力250kW/最大トルク560Nm
  • 最大航続距離:430km

【90kWhバッテリー搭載モデル(4WD)】

最高出力290kW/最大トルク600Nm

最大航続距離:580km

スポンサーリンク

プレミアムスポーツカー並みの性能|0-100km加速は5.1秒

アリアには、4WDシステムには新電動四輪駆動システム「e-4ORCE」が採用されています。

このe-4ORCEモデルに関して0-100km/h加速が、

  • 65kWhモデル:5.4秒
  • 90kWhモデル:5.1秒

となっており、スポーツカー並みの数値となっています。

スポンサーリンク

日産 アリアは音響マテリアル採用で圧倒的な静粛性を期待できる

日産アリアは静粛性にも期待できます。

コンセプトの時には、新しい遮音材「音響マテリアル」の活用が発表されていました。

音響マテリアルは、従来の材料と比較して4分の1の軽さで同じ遮音性を実現させ、圧倒的な静かさと軽量化を両立させたものとなります。

EVに音響マテリアルを活用することで、アリアは圧倒的な静粛性と快適な移動空間の実現が期待できます。

音響マテリアルに関してはこちらの日産公式動画を参照下さい

【技術】ニッサン アリア コンセプトに搭載の新しい遮音材 #音響メタマテリアル を#CES2020 に出展
スポンサーリンク

日産 アリアの販売価格は実質500万円から

アリアの日本での販売価格は実質500万円からと発表されています。

実質というのは補助金などを差し引いた後の価格と思われます。

スポンサーリンク

日産アリア 日本発売時期がなぜ2021年中頃なのか|理由を考察

アリアの日本発売時期は2021年中頃と発表されています。

なぜ、ワールドプレミアから発売が1年も先になるのかと思われた方も多いのではないでしょうか。

考えられるのは、新型車種投入のタイミングが2021年中頃まで空いていないという事です。

次期ノートとエクストレイル発売後にデビューか

今から一年の間に新型ノートと新型エクストレイルの日本発売が有力となっています。

一つの新型車の販売に集中させるため、同じ時期に2種類以上の新型車の投入があるのは考え難い所。

次期ノートが2020年秋頃、次期エクストレイルが2021年前半頃の発売の可能性が取りざたされていることから、2021年前半までは新型車投入のタイミングがないことになります。

だからこそ、アリアの日本発売が2021年中頃と予定されていると筆者は推測しています。

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

日産のカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
SUV エクストレイル

ジューク

キックス

キャシュカイ

アリア

ミニバン エルグランド
セダン シルフィ

スカイライン

フーガ

コメント

タイトルとURLをコピーしました