トヨタ

ヤリスクロス日本発売情報|2020年秋新型クロスオーバーSUVとしてデビュー

ヤリスクロスの最新情報 トヨタ

トヨタから2020年に発売されるBセグの新型クロスオーバーSUVに関する情報をピックアップ。

ライズが大ヒットしたことから、ヤリスがベースになると見られる新型SUVにも大きく注目が集まっています。

そこで、ヤリスクロスに関する日本発売情報を見ていきましょう。

スポンサーリンク

ヤリスクロスの最新情報一覧

ヤリスクロスのスケッチが公開

ヤリスクロスと見られる新型コンパクトSUVのスケッチ画像を欧州トヨタが2020年1月14日に公開しました。

そのスケッチ画像がこちらです。

RAV4を彷彿させるリアスタイルを採用しており、単にヤリスをSUV風にドレスアップしたモデルではないことが伺えます。

ヤリスクロスの内外装デザイン公開(新情報)

トヨタは、2020年4月23日にヤリスクロスのデザインを初公開しました。

ヤリスクロスの外観デザインはヤリスとは別デザイン

ヤリスクロスは、ハッチバック型のノーマルのヤリスとは別デザインを採用。

ヤリスクロスの内装

内装デザインに関しては、外観程ハッチバックのヤリスとの違いはありません。

詳しい違いについてはこの後ご紹介します。

ヤリスクロスのサイズはヤリス以上C-HR未満で日本で最適なサイズに

ヤリスクロスのボディサイズは、全長4,180mm×全幅1,765mm×全高1,560mm、ホイールベース2,560mm

ヤリスよりも大きくC-HRよりも小型に抑えられています。

ヤリス:全長3,940mm×全幅1,695mm(欧州仕様は1,745mm)×全高1,500mm×ホイールベース2,550mm
C-HR:全長4,360mm×全幅1,795mm×全高1,550mm×ホイールベース2,640mm

ヤリスクロスはTNGA-Bプラットフォームを活用

新型コンパクトSUVには、TNGA-Bプラットフォームが採用されると発表されています。

GA-Bプラットフォームは、ヤリスにも活用されていることから、新型コンパクトSUVは実質ヤリスベースになると考えられます。

ヤリスクロスの名称が日本で事前に商標登録されていた

トヨタ自動車は2018年11月27日に「YARIS CROSS」の商標を出願しており、2019年10月11日に登録されていることが、特許情報プラットフォームのJ-PlatPatにて確認できます。

ヤリスクロスのパワートレイン|4WDのe-FOUR採用

ヤリスクロスのパワートレインには、直列3気筒1.5Lダイナミックフォースエンジンを採用。

ガソリンモデルとリダクション機構付のTHSⅡと採用したハイブリッドモデルの2種類がラインナップされます。

ガソリン、ハイブリッド共にFFと4WD(ハイブリッドはE-Four)の駆動方式が採用されています。

ヤリスクロスの日本発売時期は2020年8月31日が有力

ヤリスクロスの日本発売時期は2020年8月31日が有力です。

次にヤリスクロスの注目ポイントとハッチバックのヤリスとの違いをご紹介します。

スポンサーリンク

ヤリスクロスと注目点|ハッチバックのヤリスとの違い

電動パーキングブレーキ採用等でヤリスと差別化

日本仕様のヤリスには電動バーキングブレーキが採用されずハンドブレーキが採用されています。

現在公開されているヤリスクロスの内装画像を見る限り、ヤリスクロスには電動パーキングブレーキが搭載されていることが伺えます。

 このことから、レーダークルーズコントロールの作動速度も全車速に対応すると予想できます。

ヤリスクロスとヤリスの外観、内装デザインの違い

外観の違い

フロントに関しては、グリル部分とバンパー部分のデザインが異なっています。

ナンバープレートを付ける横バーのカラーがハッチバックのヤリスは黒色ですがヤリスクロスに関してはボディと同色となっています。

ヘッドライトのデザインも変更されており、両車のデザインはかなり差別化されていると言えます。

リアに関してはフロント以上に差別化されたデザインとなっており、特にリアコンビランプがヤリスクロスは新型ハリアーのような一直線に近いスタイルになっている所がポンと。

新型ハリアーの魅力|フルモデルチェンジの良い所と微妙な所を一覧で解説
トヨタのハリアーのフルモデルチェンジがついに実施。 さらなるラグジュアリーSUVとして進化した新世代ハリアーへの注目度は相当のもの。 そんな4代目となる新型ハリアーの魅力となるポイントと微妙と思えるポイントを見ていきましょう。 ...

内装の違い

上がヤリスクロス、下がヤリスのインテリアデザインとなります。

一見大きな違いがないように見えますが、センターコンソール部分が異なっています。

ヤリスクロスには、

  • エアコン調整ダイヤルの下にスイッチ類が多く設置
  • ハンドブレーキの代わりに電動パーキングブレーキを採用
  • 電動パーキングブレーキの周りにジョグダイヤルのようなもの等を設置

といった新たな内容となっています。

新世代トヨタセーフティセンスや「急アクセル時加速抑制機能」搭載の可能性も

ハッチバックのヤリスには第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されていますが、ヤリスクロスにはさらなる最新世代のトヨタセーフティセンス搭載の可能性があります。

実はトヨタは、2020年内に進化させたトヨタセーフティセンスを導入させることを発表しています。

その内容としては、

  • 緊急時操舵支援PCS
  • ドライバー異常時車両停車支援システム
  • スピードマネージメント機能付きレーダークルーズコントロール&LTA

というレクサスLSのLexus Safety System +Aで採用した機能を追加させるというものです。

トヨタ自動車、ビッグデータを活用した、ペダル踏み間違い時の「急アクセル時加速抑制機能」を開発、本年夏に導入 | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、コネクティッドカーから得られたビッグデータに基づき、ペダルの踏み間違いによる異常なアクセル操作を特定し加速抑制を行う「急アクセル時加速抑制機能」を開発しました。トヨタはこの機能を、本年夏に発売する新型車から順次導入するとともに、この機能が入った、既販売車種向けの後付け踏み間違い時加...

ヤリスクロスが2020年8月31日に発売の見通しということを考えるとこれらの先進装備がヤリスクロスに活用される可能性も予想できます。

そんなヤリスクロスが、2020年発売の新型ハリアー、RAV4 PHVに続き、どこまで人気が高まるのか今から注目です。

新型ハリアーの魅力|フルモデルチェンジの良い所と微妙な所を一覧で解説
トヨタのハリアーのフルモデルチェンジがついに実施。 さらなるラグジュアリーSUVとして進化した新世代ハリアーへの注目度は相当のもの。 そんな4代目となる新型ハリアーの魅力となるポイントと微妙と思えるポイントを見ていきましょう。 ...
新型RAV4 マイナーチェンジ予想|2021年以降の改良で考えられる変更点
トヨタの新型RAV4の2021年以降にマイナーチェンジで搭載される変更点の予想内容を徹底的に記載しています。 RAV4は今後どのような改良が行われそうなのかといった内容を紹介します。 RAV4 マイナーチェンジで2021年以降の予想...

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました