新型ハリアーの魅力|フルモデルチェンジの良い所と微妙な所を一覧で解説

ハリアーのフルモデルチェンジ最新情報 トヨタ

トヨタのハリアーのフルモデルチェンジがついに実施。

2020年に、さらなるラグジュアリーSUVとして進化する次期ハリアーへの注目度は相当のもの。

そんな4代目となる新型ハリアーの魅力となるポイントと微妙と思えるポイントを見ていきましょう。

スポンサーリンク

ハリアー フルモデルチェンジの魅力一覧|買いとなるポイント

新型ハリアー カッコいい高級感あふれるデザインを継続採用

新型ハリアーのエクステリアに関しては、エレガントな雰囲気を持つの都市型クロスオーバーという改良前のイメージを引き続き採用したキープコンセプトとなっています。

改良後はクーペスタイルが強くなった所がポイントで、カムリのSUVバージョンにも見えるスタイルに。

ちなみにフルモデルチェンジ前は、サイドウインドウのメッキモールはウインドウ下部のみにしか装備されていませんでしたが、新型ハリアーのメッキモールはレクサスのSUVのようにウインドウを一周させるデザインへと変更されています。

まるでレクサス!?新型ハリアーのリアテールライトは一直線のデザインに

新型ハリアーのリアのテールランプのデザインに関しては、横一直線のスタイルとになっている所も大きな魅力の一つ。

同じく一直線のテールライトを採用するレクサスUXを彷彿させるデザインなだけに、新型ハリアーはレクサス並みのSUVと感じさせられるポイント。

新型ハリアー TNGA-Kプラットフォーム採用でCセグからDセグへ格上げ

新型ハリアーには、カムリやRAV4に採用されているDセグメント向けのトヨタ新世代プラットフォームのGA-Kプラットフォーム活用されています。

これは、改良前のCセグメントからDセグメント車へ格上げされたと言えます。

新型ハリアー 12.3インチの大型モニター採用!内装デザインもRAV4より豪華

新型ハリアーの最上級グレードに関しては大型ディスプレイとなる12.3インチのSDナビモニターが設定される所がポイントです。

インテリアデザインもRAV4と差別化されており、質感が高く、馬の鞍をイメージされた幅広く堂々としたセンターコンソールや、それを挟み込むインストルメントパネルとの組み合わせが迫力を感じさせます。

目新しい装備が2つ|録画のできるミラーと調公式ムーンルーフ

新型ハリアーの注目装備としては、録画機能付きの電子ミラー(デジタルインナーミラー)がトヨタで初採用されるということ。

走行中の前後方向の映像を録画することが可能となっています。

また、最上級グレードにはオプションで調光式のムーンルーフ「電動シェード付パノラマルーフ」が採用される所もポイントです。

新型ハリアー ハイブリッドの4WDシステムE-Fourを設定

新型ハリアーには、トヨタのハイブリッド用4WDシステム「E-Four」が採用される所は数ある魅力の一つ。

特に雪国に住む人にとっては買いとなるポイントと言えるでしょう。

LTA搭載で高速道路の運転負担が大幅軽減

新型ハリアーの先進装備には第2世代トヨタセーフティセンスが搭載されますが、その中で注目の機能がLTA(レーントレーシングアシスト)

これは、車線の中央を維持してくれる機能であり、ACCと組み合わせて使用することで高速道路等での運転が楽になります。

ハリアー フルモデルチェンジで微妙なポイント

新型ハリアーはボディサイズがややデカい

新型ハリアーのボディサイズは、全長4,740mm、全幅1,855mm、全高1,660mm、ホイールベース2,690mm

※改良前は、全長4,725mm、全幅1,835mm、全高1,690mm、ホイールベース2,660mm

改良後は、全長15mm、全幅20㎜、ホイールベース30mmの拡大となります。

1,850mmを超えたことでマンション等で駐車場の車幅制限にひっかかる可能性があるため、後5㎜小さければと思うユーザーも少なくないでしょう。

新型ハリアーに3列シート7人乗りモデルはなし

新型ハリアーには3列シート7人乗りモデルが設定されていません

ハリアーの兄貴分となるレクサスRXも3列シートを追加したり、ミニバンユーザーの受け皿となったマツダの3列シートSUV CX-8がヒットしているだけに、新型ハリアーに7人乗り3列シートモデルがないのは惜しい所。

これはミニバンを廃止したマツダと違い、トヨタとしてはハリアーと価格帯も近いミニバンのアルファードと競合させないためなのかもしれませんね。

新型ハリアーにターボ搭載なし|NAガソリンとハイブリッドの2本立て

改良前のハリアーには2.0L 8AR-FTS ターボエンジンが搭載されていますが、新型ハリアーにはターボモデルが設定されません

発売時は、2.0L NAモデルとハイブリッドモデルの2本立てとなります。

ターボ搭載を期待していたユーザーにとってはがっかりしたポイントとなります。

開閉しないルーフと限定される調光式のオプション

魅力の一つでもある「電動シェード付パノラマルーフ」ですが、最上級グレードにしかオプション設定されないという所が惜しいポイント。

革新で魅力的な装備なだけに出来れば全グレードでオプション設定可能にしてほしかった所。

また、開閉式ルーフを希望するユーザーのためにも、従来の開閉式ルーフのオプション設定もあれば良かったのになと筆者は思います。

進化したトヨタセーフティセンス搭載の見送り

トヨタはLexus Safety System +Aに採用されている機能を採用した最新型トヨタセーフティセンスを2020年内に導入予定と2020年2月に明らかにしています。

トヨタ自動車、ビッグデータを活用した、ペダル踏み間違い時の「急アクセル時加速抑制機能」を開発、本年夏に導入 | コーポレート | グローバルニュースルーム | トヨタ自動車株式会社 公式企業サイト
トヨタ自動車(株)(以下、トヨタ)は、コネクティッドカーから得られたビッグデータに基づき、ペダルの踏み間違いによる異常なアクセル操作を特定し加速抑制を行う「急アクセル時加速抑制機能」を開発しました。トヨタはこの機能を、本年夏に発売する新型車から順次導入するとともに、この機能が入った、既販売車種向けの後付け踏み間違い時加...

新型ハリアーにはこれらの機能が搭載されると発表されていないことを考えると、採用が見送られていると思われます。

充分な先進装備を備える新型ハリアーですが、実用間近の進化したトヨタセーフティセンスが発表されているだけに、それを搭載というサプライズが欲しかった所。

新型ハリアー フルモデルチェンジで買いか

以上、新型ハリアーの魅力的なポイントと微妙と思えるポイントを解説しました。

筆者として新型ハリアーが買いかどうかというと、現行型ハリアーが好きだった方には買いだと思います。

デザインはキープコンセプトでかつ、最新のプラットフォームや機能が盛り込まれており、相当充実した進化と言えます。

ただ、2021年あたりにハリアーのライバル車種となる新型SUV(日産エクストレイル、アリア、スバル アウトバック等)登場の可能性も高まっていることから、今すぐ車を買わないといけないということでないならば少し様子見をするのもありかと。

※ハリアー ライバルの新型情報はこちらのSUV記事を参照ください

SUVのモデルチェンジ最新情報はこちら>

SUVのモデルチェンジに関する情報はこちらでご覧いただけます

さらに、2020年の6月にはRAV4のプレミアムモデルとも言えるRAV4 PHVが日本でも新発売される予定です。

新型RAV4 マイナーチェンジ予想&RAV4 PHV日本発売情報|2020年以降の改良に注目
トヨタの新型RAV4のPHVモデルの情報、そして2020年以降にマイナーチェンジで搭載される変更点の予想内容を徹底的に記載しています。 RAV4 PHVはノーマルモデルとどこが違うのか、ノーマルのRAV4は今後どのような改良が行われそ...

新しい情報が入れば、この記事にて更新致します。

スポンサーリンク

トヨタ車の情報一覧

※車名をタッチしてください
トヨタのカテゴリー モデルチェンジ情報一覧
SUV ライズ

ヤリスクロス

C-HR

RAV4

ハリアー

ランドクルーザー

TJクルーザー

ミニバン シエンタ

ヴォクシー

ハイエース

アルファード

グランエース

クロスオーバーワゴン カローラトレック
コンパクト アクア

ヤリス(ヴィッツ)

セダン プレミオ

プリウス

カムリ

クラウン

コメント

タイトルとURLをコピーしました